スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルゲンボルト【関東シングルフェスタ使用構築】

決勝トナメ1落ち芸人でした。

3/11に行われた関東シングルフェスタにて予選抜けし、レートで使用すると思って温めてた構築でしたが結局レートでは使わず、シーズン3も違う構築を使うことが予想されるため公開。


使用構築はこちら

関東シングルフェスタ使用構築


詳しくは追記より。



☆構築経緯
環境中盤から増え始めたカミツルギやメガメタグロスに対して強めと考えている「おにび」持ちのゲンガーから組み始めた。ゲンガー入りの構築は初手にカプ・テテフを置かれると「こだわりスカーフ」かどうか判別ができず、面倒であると感じていた。
そこでメガゲンガーで「まもる」をしてから悪タイプに引く動きが強いと考え、候補に挙がったのがアローラペルシアンであった。カプ・テテフと対面したらメガシンカしつつ「まもる」で様子見→ペルシアン引き→「すてゼリフ」をすることで「こだわりスカーフ」持ちのカプ・テテフをケアしつつ相手の裏のポケモンの火力を下げながらメガゲンガーでキャッチすることができる。
基本選出をメガゲンガー+ペルシアンとしたため、ラス枠をゲンガー相性が良い化身ボルトロスに決めた。ハメ性能が高い「どくどく」ボルトロスで採用。
このボルトロスを採用する際にもう1つの選出として強い「のろい」ミミッキュとメガガルーラを採用。地面枠は構築単位で重いリザードンやウルガ意識で「こだわりスカーフ」持ちガブリアスに落ち着いた。



以下個別解説



メガガルーラ2
ガルーラ@ガルーラナイト
181(4)-175(236)-121(4)-/-122(12)-167(252)
ねこだまし すてみタックル れいとうパンチ じしん

「のろい」や「どくどく」との相性が良い普通の「ねこだまし」搭載のガルーラ。
特に言うことがない。



ガブリアス2
ガブリアス@こだわりスカーフ
183-182(252)-116(4)-/-105-169(252)
げきりん じしん がんせきふうじ ステルスロック

これも普通の「こだわりスカーフ」持ちのガブリアス。
ウルガモスやリザードンがいるときに選出をした。



ボルトロス化身
化身ボルトロス@たべのこし
177(180)-/-134(252)-146(4)-103(20)-138(52)
10まんボルト どくどく みがわり まもる

ゲンガーの相方その1であり、ガルガブ選出時の崩し要因。
裏においてゲンガーやペルシアンからつなぐか初手からハメて1匹持って行った後ペルシアンで回復させる立ち回りもする。



ミミッキュ2
ミミッキュ@フェアリーZ
145(116)-127(132)-101(4)-/-126(4)-162(252)
じゃれつく かげうち のろい ちょうはつ

汎用ミミッキュと呼ばれるものらしい。カバルドン展開に対して「ちょうはつ」と「のろい」で崩しに行く。
「のろい」からの「みがわり」+「まもる」ボルトロスの性能の高さは光るものがあった。



アローーラペルシアン
アローラペルシアン@アクZ
159(148)-/-95(116)-/-85-182(244)
すてゼリフ イカサマ どくどく ちょうはつ

ゲンガーの相方その2。
数値を見ると凄く弱そうに思えるが流行りのメガメタグロスに対して「イカサマ」で有利を取れ、等倍程度の攻撃なら2回耐えるため後出しすらできる程度の耐久はある。
ちなみに「すてゼリフZ」は守られると交代できず(不発)、交代先のポケモンの状態異常は回復しない。
HPを16n-1調整し、Sを最速ジャローダ抜き、残りBに振った。特性「ファーコート」のおかげでA200「げきりん」くらいなら2耐えできる。



メガゲンガー2
ゲンガー@ゲンガナイト
135-/-101(4)-222(252)-115-200(252)
たたりめ ヘドロばくだん おにび まもる

この構築の軸。構築経緯にも記した通り、カプ・テテフと対面したらメガシンカしつつ「まもる」で様子見→ペルシアン引き→「すてゼリフ」をすることで「こだわりスカーフ」持ちのカプ・テテフをケアしつつ相手の裏のポケモンの火力を下げながらメガゲンガーでキャッチすることができる。
「おにび」を当てることさえできればほぼ勝ちという状況が多いため基本選出としては不安要素が残ってしまった。





☆選出
ゲンガー+ペルシアン+ボルトロス
ミミッキュ+ボルトロス+ガルーラ

基本的な選出はこの2つだがリザードンやウルガモスがいたり、その取り巻きがあまりにもガブで一貫とれそうであればガブリアスを選出する。
ペルシアンを選出するときはできる限り「すてゼリフZ」を打てるようにペルシンア自身と控えのポケモンの体力管理を怠らないようにした。



☆雑感
ボルトロスやアローラペルシアン自体はとても強かったのだがメガゲンガーの安定性のなさが構築解散に直結した。鬼火を当てなければならないという不安定さとZ技をぶっぱされるとメガゲンガーが倒されるという心もとなさがこの構築の弱いところだったと改めて実感させられた。
シングルフェスタでは本番ぶっつけで構築を回したので決勝トナメでプレミをしてしまい決勝トナメ1落ちになってしまったのが反省点。



何かあればTwitter(@Shionecila)まで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紫苑

Author:紫苑

紫苑と書いて「しおん」と読みます
小倉唯ちゃんが好きです
Twitter→@Shionecila

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。