スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受けループ

九尾で使ったら何か勝てたので折角だから公開。
運負けばっかしてるから恐らく今後使うことはないでしょう。



第131回九尾杯予選39位でギリギリ予選抜けて決勝トナメの1回戦で脱落でした
受けルは上から殴られること前提だから運負けついっと多くなるのは必然なんだなぁ。


使用構築

受けループ



ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ハピナス 綺麗な抜け殻 地球投げ シャドーボール 毒々 卵産み 自然回復
グライオン 毒々玉 地震 ハサミギロチン 身代わり 守る ポイズンヒール
ヤドラン ヤドランナイト 熱湯 スキルスワップ 鉄壁 怠ける 再生力→シェルアーマー
ポリゴン2 進化の輝石 恩返し 冷凍ビーム 電磁波 自己再生 ダウンロード
ジャローダ 命の珠 リーフストーム 目覚めるパワー炎 竜の波動 蛇睨み 天邪鬼
ゲンガー ゲンガナイト 祟り目 鬼火 挑発 道連れ 浮遊→影踏み



以下個別の解説等
リンクはすべて無断なので問題があれば消します。



アイコン ハピナス ハピナス@綺麗な抜け殻   自然回復  穏やか
335(36)-*-57(212)-96(4)-205(252)-76(4)
地球投げ シャドーボール 毒々 卵産み

受けループののラッキー枠として採用。対ゲンガーの枠でもある。
ゲンガーを見るためのシャドーボール、安定して削るための地球投げ、回復ソースとして卵産みまで確定。
ラスト1枠は電磁波やステルスロックに変えていた時期もあったが、サンダーなどの耐久ある回復技持ちに打てるのと、スイクンに対して打つことで比較的簡単に素眠りまで持って行くことが出来るため毒々を採用した。この枠は人によって変わると思う。
Hを16n−1、Bを眼鏡C特化ニンフィアのサイコショック2耐え、特殊に厚くしたかったためD252、残りをCとSに振り分けた。

・耐久ライン
C178眼鏡ニンフィアのハイパーボイスが25.9%~30.7%
同上のニンフィアのサイコショックが42%~49.5%
C222メガゲンガーの気合玉が29.8%~35.2%
C238メガサーナイトのサイコショックが55.8%~66.2%
同上のサーナイトのハイパーボイスが22.6%~27.1%

・Cライン
シャドーボール
H252振りメガゲンガーに31.1%~37.1%
135-95ゲンガーに45.9%~54.8%




アイコン グライオン グライオン@毒々玉   ポイズンヒール  意地っ張り
177(212)-139(92)-146(4)-*-107(92)-129(108)
地震 ハサミギロチン 身代わり 守る

受けループのグライオン枠兼誤魔化し役として採用。調整はこの記事を参考にした。
受けループにおいて状態異常にならないというのはかなり強みであるため、このポケモンを外す理由が思いつかない。レートではTODも狙うことが出来るため入れない手はない。
メガルカリオを地震で確定1発にするために意地っ張りにし、役割対象であるギルガルドとメガゲンガーに強くなるようAとDに少し割いた。
また、ほとんどのポケモンにも勝つ可能性を持たせるためにハサミギロチンを採用。後続で麻痺を撒いて身代わりを残し、試行回数を稼いでいったりする。
基本的には打たないことの方が多いが3割の勝つ可能性を残す点では個人的に一撃技の評価はかなり高め。
大体はピクシーに打つ。

・Aライン
地震
B4振りメガルカリオに100.6%~120%
H252振りメガゲンガーに94%~112.4%

・Dライン
C192メガルカリオのラスターカノンが62.1%~73.4%、
C222ギルガルドのシャドーボールが53.1%~63.2%
C191メガゲンガーの祟り目が74.5%~88.1%

・Sライン スカガブ抜きすなかきドリュウズ抜き




アイコン メガヤドラン ヤドラン@ヤドランナイト   再生力→シェルアーマー  図太い
201(248)-*-178(252)-121(4)-100-51(4)
熱湯 スキルスワップ 鉄壁 怠ける

今回の主軸となるポケモン。物理受けとして採用。
本当はDにも耐久を割きたいところだったが物理アタッカーを完璧に詰ませたかったためBにぶっぱした。端数はSに振ることで麻痺した130族を抜けるようになる。
基本的に序盤は物理アタッカーと対面したら大体相手は交換してくるので後続の特殊アタッカーなどに熱湯で負荷をかけていく。
相手の特殊アタッカーを倒したあとは鉄壁を積むことによってほぼ降参まで持って行くことが可能なので鉄壁と怠けるを繰り返す。スキスワで特性を渡さない限り急所にも当たらないので心配はない。
スキルスワップは相手のポイヒループを抜けることができたり、親子愛、力持ちなどの強力な特性を奪うことができる。
特に親子愛を奪えるのが大きく、グロウパンチや岩雪崩を1回1発に抑えられるため事故が減る。


以下ダメージ計算はメガ進化後
・Bライン   ※鉄壁1回積んだら約半分のダメージになる
A194メガガルーラの捨身タックルが25.8%~31.3%+12.4%~15.4%
A216メガボーマンダの捨身タックルが37.8%~44.7%
A113力持ちマリルリのじゃれつくが22.3%~26.8%
A+6力持ちマリルリのじゃれつくが88.5%~104.9%
A172力持ちメガクチートのじゃれつくが34.3%~40.7%

・Cライン
熱湯
181-120メガガルーラに32%~38.1%
157-115メガクチートに38.2%~45.8%
167-170盾ギルガルドに25.1%~29.3%




アイコン ポリゴン2 ポリゴン2@進化の輝石  ダウンロード  生意気
191(244)-100-114(28)-125-159(236)-72
恩返し 冷凍ビーム 電磁波 自己再生

主にハピナスで受けられない特殊アタッカーを見るために特殊受けとして採用。具体的にはゲッコウガ、メガサーナイト、ニンフィア。
輝石枠をラッキーにしなかったのは役割対象が物理技やサイコショックを持っているためであり、安定して後投げできるポリゴン2にした。
Sを奪うために電磁波、回復ソースである自己再生、瞑想ニンフィアを見れる恩返し、ボーマンダやガブリアスに対する打点として冷凍ビームを採用。この技構成だとギルガルドに勝てないのでグライオンに任せている。
Bに振っていないため思っているよりも脆い。耐久を過信しすぎるとすぐに倒されてしまうため、かなり扱い方が大事。

・Aライン
恩返し
A+1状態で201-113ニンフィアに37.8%~45.2%(メガボーマンダの捨身耐えのBライン)
同上で175-85メガサーナイトに58.2%~69.1%

・Bライン
A216メガボーマンダの捨身タックルが58.1%~69.1%
A+1同上メガボーマンダの捨身タックルが87.9%~103.6%
A194メガガルーラの捨身タックルが39.7%~47.6%+19.3%~23.5%
C178眼鏡ニンフィアのサイコショックが24.6%~29.3%
C238メガサーナイトのサイコショックが32.9%~39.2%

・Cライン
冷凍ビーム
183-106ガブリアスに87.4%~104.9%
171-110メガボーマンダに91.2%~109.9%

・Dライン
C144ニンフィアのハイパーボイスが21.9%~25.6%
C178眼鏡ニンフィアのハイパーボイスが39.2%~46%
C238メガサーナイトのハイパーボイスが35%~41.3%




アイコン ジャローダ ジャローダ@命の珠   天邪鬼  臆病
149-*-115-126(248)-117(12)-180(248)   ※個体値29-偶-V-U-V-U めざ炎
リーフストーム めざめるパワー炎 竜の波動 蛇睨み

これまでの4体で辛いマリルリやスイクン、メガヤミラミ、ボーマンダに対して強く、ナットレイにも打点があるポケモンとして採用。
解禁されたので使いたかったというのもあるが、有利対面でリフストを打てれば仮に後出しされてもC2段階上昇からのリフストorサブウェポンで弱点を付けるポケモンは大体狩ることが出来る。また、瞑想を積んで来るポケモンを無理やり突破ないし致命傷を負わせることができる。
また、蛇睨みによってメガヤドランや次に紹介するゲンガーに対しても繋ぐことができるためgood。
ファイアローやバシャーモなどを呼びやすくするがこれらにはヤドランが有利を取れるため相性は良かった。
H個体値を下げて珠ダメ考慮の10n-1、CとSに可能な限り振って端数はDに振りダウンロード対策にB<Dとした。

・Cライン
リーフストーム
207-110マリルリに116.9%~139.6%
207-136スイクンに86.4%~102.8%
157-183メガヤミラミに42%~50.3%

C+2リーフストーム
183-106ガブリアスに123.4%~145.3%

めざめるパワー炎
177-120メガハッサムに70.6%~85.3%
181-136ナットレイに62.9%~74.5%
171-90エアームドに48.5%~57.8%

竜の波動
171-110メガボーマンダに56.1%~66.6%


余談だが325-157輝石ラッキーに対するリフストは
16%~19%(C+0)→31.6%~37.5%(C+2)→47%~56.3%(C+4)→62.7%~74.4%(C+6)となる。




アイコン メガゲンガー ゲンガー@ゲンガナイト   浮遊→影踏み  臆病
167(252)-*-80-151(4)-95-178(252)
祟り目 鬼火 挑発 道連れ

ヤドラン以外のメガ枠として採用。ここまでで面倒くさいリザードンを1:1交換したりエルフーンを止めたりする。
また、相手のガルーラに安易にメガ進化グロウパンチをさせないという見せ合いの役割もある。
受けループミラーをした場合にも相手のPT次第では選出する。努力値はいつもの通りHSに振った。
技は、状態異常を撒けるポケモンが多いことを考えて祟り目。そして祟り目と相性の良い鬼火も採用。面倒くさいポケモンと相討ちにするために道連れも入れた。相手の面倒くさいポケモンを処理できれば裏2体で完封できることもしばあしばある。
ラスト1枠はエルフーンを確実に倒すために挑発。とても歪な技構成になってしまったが他に入れたいと思う技もなかったのでこれで良いと思っている。
挑発は、道連れを透かすために吠えるや瞑想などをしてくるポケモンに対して打て、道連れでほぼ確実に処理できるので使いやすかった。
ダメージ計算はぶっぱなので省略。





【雑感】
物理、特殊のどちらの可能性もあるボーマンダやリザードンだったり、瞑想を積めて素の耐久が高いスイクンが重かった。マンダスイクンで来られるとどちらかをゲンガーが処理するもどちらかに積まれて負けるパターンが多く、改良の余地はまだまだあると思っている。

クレッフィを採用すれば多少は緩和される部分もあった気がするが既存の構築に似てしまうのは個人的に嫌なのでやってません。勝ちたいなら強い構築をパクりましょう。



.何かあればツイッター@Shionecilaかコメントにでもどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

紫苑

Author:紫苑

紫苑と書いて「しおん」と読みます
小倉唯ちゃんが好きです
Twitter→@Shionecila

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。